2012年03月08日

期待の新商品!カフェインレス グァテマラ入荷しました!

7cce8cb0.jpg待ちに待った 新商品の グァテマラ カフェインレスが入荷しました

この商品をサンプルで頂いたときに カフェインレスらしからぬ
香りのよさに ちょっとビックリ!!
ぜひ 取り扱ってみたいと思いましたが
入荷ロットの大きさに一時断念・・・。
でも やっぱり取り扱ってみたい気持ちが強く
思い切って契約しちゃいました!

カフェインレス・グァテマラ
250g 1130円
カフェインレス好きのお客様にぜひお試し頂きたいコーヒーです。
酸味は ほとんど無くコクと苦みの美味しいローストになってます。

 

さて、この「カフェインレス グァテマラ」
従来の商品と どう違うかと言うと、従来は二酸化炭素溶液でカフェインを抽出していましたが
今回は、「スイスウォーター方式」と呼ばれる『水』によってカフェインを抽出しています。

では、おさらいの意味も込めて カフェインレスコーヒーについて少々。。。

カフェインを90%以上取り除いた商品を カフェインレスコーヒー 又は デカフェ
と表記することが出来ます(まめぞうで販売するカフェインレスは99%除去です)

昔は、有機溶媒を使ってカフェインを除去していました。
しかし、発がん性の問題や残存性があることの問題から現在、日本では禁止されています。

日本では、今 二酸化炭素溶液で カフェインを取り除く方法と
水で カフェインを取り除く方法、いずれかで処理された物が流通しています。

二酸化炭素溶液を使用する方法は・・・。

空気中にある二酸化炭素を
圧力と温度を調整する事により液体にする事が出来ます。
カフェインが二酸化炭素と結合しやすい性質を利用して
その溶液に漬け込みカフェインを除去します。
こちらの方法で精製されたカフェインレスコーヒーが
現在まめぞうでも発売されているブラジル。コロンビア。モカ。マンデリンです。

で、今回入荷した グァテマラ カフェインレスの スイスウォーター方式と言うのは・・・。

水は、とってもなじみ深く安心感のある物質ですが 
カフェインは水に溶けずづらい性質を持っています。
さらにアミノ酸やクロロゲン酸、少糖類など コーヒーの風味形成の元となる成分は、
水に溶けやすいためにカフェインよりこちらが先に取り除かれてしまいます。

これを解決したのが スイスウォーター方式です。

生豆に含まれる カフェイン以外の成分を 
最初に水に溶かせるだけ溶かした水を用意し
コーヒー生豆を漬け込みます。
水に溶けやすいアミノ酸、クロロゲン酸、少糖類が水に溶け出そうとしますが、
すでに 水にはそれらの成分が 目一杯溶け込んでいるので
溶け出す事が出来ません。
その一方、カフェインは その水には含まれていないので カフェインだけが水に溶け出し
コーヒー生豆から カフェインだけを抽出できるのです。
この様にコーヒーの主要な成分を損なわずにカフェインを取り出すことが出来ます。

と、言う感じの何だか化学の実験みたいなお話しなのです。。。



↓詳しくはこちらをクリック↓
カフェインレスドットネットbyまめぞう



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔