2009年05月26日

カッピング

5b570780.jpgズズッッ−−−−     ジュルジュル−−

ズゥビィィィ−−−       ヒュュゥ−−−−−−−

シュィィィ−−−     ピィーーーーーーー

 これ 全部 コーヒーを ススル音です。

今日は 新橋にある コーヒー商社(株)ワタルさん まで
パナマ産コーヒー豆の カッピングに行ってきました。
(来週、オークションがあるんです)

 今日は 16農園の カッピングをしましたが
どれも個性的で  美味しいコーヒーでした。

近年,高い評価が得られる パナマ産のコーヒー豆。

 中には 天井知らずに 値段が上がりそうな物も…

去年も 他の産地より 相場が高く 買いづらくて パナマ産は敬遠しましたが
今年は チョット無理しても 買ってみようと思ってます。

 コーヒーを ススル音は  行儀が悪い訳ではなく  コーヒーをスプーンにすくい  
ススル事によって コーヒー液を  霧状にして 口の中に広げ  舌や鼻に抜ける香りで

良し悪しを判断していく為です。  上手な人ほど  高くて長い音で 吸い込みます。

で  口の中でティスティングした物を吐き出します。 多い時は20人近い人数で

ズゥビィィィ−−− シュィィィ−−−− ペッッ  っと 吐き出すんですから

 ある意味 とっても凄い光景なのです…

でも やっぱり 行くと とっても勉強になります。緊張感の中で嗅覚、味覚を研ぎ澄ます

感じは なかなか 良いモンでした・・・



mamezou55 at 16:38│Comments(4)TrackBack(0)clip!珈琲豆の話 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 1630   2009年05月26日 21:26
こういうことをする珈琲鑑定士さんて

「クラシフィカドール」でしたっけ?

かなりおぼろげな記憶ですので、間違っていたらごめんなさい〜
2. Posted by まめぞう   2009年05月27日 15:23
>先日は、御来店頂きましてありがとうございました。
各団体で 呼び名が違っていまして クラシフィカドールは、ブラジルのコーヒー院で発行していた資格です(確か今はナイ)日本でも有資格者はそんなにいない国際的な資格であります。
3. Posted by 1630   2009年05月27日 21:06
>まめぞうさま
ご丁寧にお返事くださり感謝感謝。
昔、バイト先のオーナーがテイスティングスプーンを使って、もの凄い音を立てて
「こうやるんだ!」ってやってくれた光景を思い出しました(^。^)
私がやったら…げぇっほっ!げぇっほっ!…と、むせること間違えなしです〜
4. Posted by まめぞう   2009年05月28日 18:39
>1630様
 意外と 思いっきり吸い込み むせてる人がいるんですよ(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔