2008年07月24日

エチオピア農薬問題続編

352c1a33.jpg4月下旬に 端を発した エチオピアの農薬問題が 
なかなか解決しません

原因が特定出来ないのです。

元々,コーヒー豆に使用されない農薬が  検出された事から  麻袋が疑われていましたが

 追跡しきれていないのが現状の様です

 輸入商社等は 早い段階で  在庫は無くなり,大手メーカでも 今月から欠品に なりつつ あります。

 では諸外国の対応はというと…

 これが 全く問題になってないんです

元々 検出された量が ごく微量で  他の作物であれば 問題なく輸入されてた位の 量しか農薬は、検出されてないんです。

 コーヒーは 他の作物に比べて基準が 厳しく設定されてるんです。

それに加えて コーヒーは飲用する為に 200度を 越える温度で 焙煎するので例えあったとしても、農薬などは 揮発してしまうという 科学的な データーもあって 問題になって いないのだと 思われます。

 エチオピア政府も 『日本はうるさ過ぎる…他の国では何も言ってこない』という主張をしています

それを受けて厚労省も  『エチオピア政府が 原因究明や検査の充実に努めない限り  日本側も対応のしようがない』

と 両者平行線のままです 昨今の 食の安全を 揺るがす事件が 多発している中 ナ−バスになるのも 仕方ない事です。

いずれにせよ 安心して飲めるモカの輸入が 再開されるよう  早い決着が望まれます

 写真は『モカハラ−』のハンドピック後の物です。

まめぞうでも あと20kg程で 在庫が無くなります

この「モカハラー」は 昨年,検査を通って 輸入された物なので安心です。

念のため



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川口ジャス子   2008年08月04日 23:19
ラッコマウンテンはコノ件だったんですね。勉強になりました。コーヒーも生き物ですから繊細ですものね。
2. Posted by まめぞう   2008年08月06日 09:23
>川口ジャス子様
ラッコマウンテンは、まめぞうでも取り扱っていた事もあります。モカらしい甘い香りとバランスが印象的でした。エチオピアが輸入再開になった際には また 取り扱ってみたいですね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔